スポンサーリンク

林葉直子 余命1年宣告!そして復活!

人物

この記事では、あの天才女流棋士、林葉直子氏の現在をクローズアップします。

一時は、死亡説までささやかれ、実際余命1年宣告を受けていた林葉直子氏。

彼女は、生きています。
生きて、再び将棋の駒を指したのです。

この記事では、林葉直子氏が、どのようにその生命の危機的状況を克服したのかに焦点を当てています。

読了後、氏に対する評価がどう変わるか、ご自身の心の動きにご注目ください。

林葉直子・余命1年宣告!略歴

略歴
1980年:12歳 プロ棋士
1982年:14歳 女流王将・女流名人
1982年~1991年
    :女流王将 10連覇 クイーン王将に
1994年:失踪
1995年:日本将棋連盟 退会
    :写真集にてヘアヌード
1998年:棋士 中原誠氏との不倫告白
2006年:自己破産
2014年:肝硬変にて 余命1年宣告
    :「遺言—最後の食卓」出版

出典元:林葉直子オフィシャルブログ
URL:https://ameblo.jp/hayashiba-naoko

林葉直子・花開く将棋界のアイドル!

現在とは大きく異なり、林葉氏の登場した90年代の将棋界は、まさに男社会そのものでした。

その並みいる男たちの中に、10代の林葉氏が、あざやかに花開いたのです。

セーラー服姿で将棋盤に駒を打ち込むさまは、まさにアイドルそのものでした。

林葉直子・失踪の真実!

1994年、心身ともに疲労した林葉氏は、休養願を日本将棋連盟理事会宛て提出し、日本を旅立ちました。

すでに対局が組まれていたため、対局当日、当然林葉氏は欠席し、不戦敗となりました。

それを、マスコミが「失踪」として報道したのが、いわゆる失踪騒動の真相です。

失踪騒動を起こし、清純なアイドル女流棋士にかげりが見え始めました。

林葉直子・そして突然の退会!

1995年、「将棋に対する情熱が冷めた」という理由で、突如連盟宛て退会届を提出し、あっさりと将棋界を去りました。

人生の歯車が上手くかみ合わなくなるきっかけは、やはり中原氏との不倫関係にあったのではないでしょうか。

林葉直子・棋士中原誠との不倫!アルコールにおぼれる日々!


1998年、 中原誠・十六世名人 との不倫に、文春砲が炸裂しました。
1992年ころより、中原氏とは不倫関係にあったようです。
アルコールにおぼれるようになったようです。

そんな日々が十数年もつづけば、肝機能障害になるのは避けられないでしょう。

林葉直子・余命1年宣告!

2014年、林葉直子余命1年宣告のニュースが流れました。
林葉直子という名前を聞いたとき、「今度は何を」ということばが脳裏をよぎりました。

棋士引退以来、スキャンダラスな事件で世をにぎわし続けてきた林葉氏でした。

名前の後に続くことばが、「余命1年宣告」とは、だれが予想したでしょう。
病名は、重度の肝硬変だと報じられていました。
ステージ4は、衝撃的でした。

林葉直子・奇跡の復活!再び駒を指す!

「林葉直子」のつぎにくることばは選択の余地がないことばでした。

ところが、です。
余命宣告から3年後、なんと、容態好転の報道です。

実は、なにを隠そう、ファンでした。

女流棋士時代はもちろん、その後のスキャンダラスな氏でさえも、正直すぎて、危なっかしく、ファンでした。

そして、なんと、2019年、林葉氏が将棋イベントとはいえ、公の場で駒を指したというのです。

嬉しいじゃ、ありませんか。

生きていればこそ、です。

林葉直子・まとめ

・林葉直子は、天才女流棋士でした。
・林葉直子は、正直で、一途でした。
・林葉直子は、死を覚悟しました。
・林葉直子は、復活しました(?)。

どんなかたちにせよ、死を宣告された人間が、まだ生きて、さらに復活宣言までするとは、よろこばしいことです。

実は、なにを隠そう、ファンでした。
えっ、しつこい…って!?
ハイ、ファンなので……

タイトルとURLをコピーしました