スポンサーリンク

ヌタウナギその味は?販売はどこで?

生物

ヌタウナギは食べることができるのでしょうか。
名前にウナギとつくからには、食材として、それなりに期待していいのでは… とお考えになりませんか?

この記事では、食材としてのヌタウナギに焦点を当ててみます。

食材としてヌタウナギをとらえることで、ヌタウナギの正体に迫ってみます。

ヌタウナギは食べれるのでしょうか?

ヌタウナギは、りっぱに食材でした。

しかし、普通に食材として扱っている国は、韓国だけのようです。

では、日本ではどうでしょうか。

スーパーの魚売り場で、ヌタウナギなど見たこともありませんよね。
一般に、食材として流通してはいないようです。

では、どこに行ったら食べることができるのでしょうか。

調べてみても、学術的な情報はありますが、食文化としてのヌタウナギ情報には、なかなか出合えません。

万策尽きて、たまたま新潟の友人に訊いたところ、新潟の一部地域で、干物や燻製にして食しているとの情報を得ることができました。

日本では、海に近い一部地域に限定されて食されているようです。

ヌタウナギは韓国でフツーに食べられています!

では、ヌタウナギの一大消費地韓国では、どんな料理として食されているのでしょうか。

これも、韓国の友人をたよって訊いてみました。

韓国では、ヌタウナギはコムジャンオと呼ばれ、コチジャンで炒めて普通に食されているとのことでした。

また、焼き肉のように、焼いても食べるそうです。

ヌタウナギの味は?食感は?

さて、本題です。
ヌタウナギの味は、どうなんでしょうか。

美味しいのか? 不味いのか?

友人曰く。

魚ではない。

肉、完全に肉だそうです。
ミノ・ハツ のようであり、跳ね返ってくる弾力が、なんともいえない食感だそうです。

味は、コチジャンの味が強くて、ヌタウナギそのものの味はわからないということでした。

ただし、韓国では人気の食材であり、美味いか不味いかでいったら、美味いそうです。

ヌタウナギは魚ではない!?

ヌタウナギの食感は、まちがいなく肉だと、友人は強く主張しておりました。

で、図鑑で調べました。

魚か魚でないかの線引きは、アゴとヒレがあるかないかだそうです。

ヌタウナギには、アゴもヒレもありません。
というっことは、ヌタウナギは魚ではないということになります。

ヌタウナギが、魚か魚でないかは、学者によって意見がわかれるみたいです。

ヌタウナギのまとめ

・ヌタウナギは、日本では一部地域で、干物か燻製で食す。
・ヌタウナギをフツーに食べているのは、韓国である。
・ヌタウナギは、美味い。
・ヌタウナギの食感は、肉である。
・ヌタウナギは、魚ではない、という学者もいる。

残念ながら、実食とまではいきませんでした。
友人のことばを借りた記事です。

美味い肉なら、なんとかして食してみたいものです。

友人は、電話口で一言、付けたしました。

「そりゃあ、同じ名前のウナギなら、フツーのウナギをたべたいねえ」

だそうです。

タイトルとURLをコピーしました